不活化エビデンス

Efficacy

エビデンス説明画像.png
DC-1500.jpg

・試験目的

デオコーキンPREMIUM DC-1500と新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)を反応させウイルスの不活化効果を確認するために実施した。

・提供ウイルス

SARS-CoV-2(新型コロナウイルス)

※人由来の分離株: 人唾液 vero細胞を用いて分離培養後、リアルタイムPCRを用いてSARS-oV-2遺伝子の増幅確認(厚生労働省通知法)を行ったウイルス株を使用した。

※ 培養細胞=vero細胞(アフリカミドリザルの腎臓上皮由来株化細胞)

・試験資材

大装株式会社が、半透明フィルムにデオコーキンPREMIUM DC-1500をガンスプレーにて施工処理をしたものと、未施工フィルムを提供をした。

資材を1.5cmx5cmの大きさにカットをして試験片とし使用をした。

・ウイルス試験測定方法(測定時間:24時間)

TCID5(Median tissue culture infectious dose, 50%感染量)

培養細胞に感染させてウイルス量を定量する方法にて測定をした。

・測定結果

SARS-CoV-2の試験結果を表1及び図1に示した。

試験開始時にはウイルス感染量106.1であったが、対象区では開始24時間後においてウイルスの自然衰退が見られ、105.3となった。

試験区ではでは開始24時間後で103.1となり99.37%減菌となった。

表1 SARS-CoV-2試験結果(TCID50/試験片)

試験開始時
開始後24時間
対象区
10 6.1
10 5.3
試験区
10 6.1
10 3.1
大装(検査)-5_page-0001.jpg

・考察

本試験は、試験資材の新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に対する効果を確認するために実施をした結果、24時間接触させることで、99.37%ウイルス不活化効果がみられるものと判定された。

説明画像1.png
説明画像2.png

試験依頼者

会社名  大装株式会社

所在地  千葉県野田市目吹1625

代表者名 大塚 隆

試験実施施設

会社名  株式会社 食環境衛生研究所

所在地  群馬県前橋市荒口町561-21

代表者名 久保 一弘

試験日程概要

試験受託日:2021年3月23日

試験開始日:2021年8月11日

試験完了日:2021年8月30日